読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーですが、ナニか

アラサー男がちょっとだけ語る

真面目なエロ本

ワンチャンってなに?「あのコならワンチャンあるよ」って?
「あのコならお前のアソコを一回くらい挿入するの受け容れてくれるよ」ってこと?
「あのコならカワイイわんちゃんおうちに飼ってるよ」っていう話?
日本語ってほんと繊細。アラサトです。


いきなり下ネタかよお、と思ったかもしれません。
今日は、これからの「性」の話をします。いまを生き延びるための性哲学です(サンデル先生、失礼しました)。きっかけは、職場で見つけたこちらの本。

www.nippyo.co.jp
精神科医、泌尿器科医、元AV女優、株式会社TENGAの職員、僧侶など、いろんな人が思春期真っ盛りの人たちに向けて、「性」の話を掘り下げます。引用しちゃった方がイメージ湧きますね。TENGAの医療福祉教育担当・中野さんが書いているトコから。

マスターベーションは、大人になるために本来学んでおく必要のある行為であり、獲得すべきスキルなのです。よりより学校生活や日常生活を送るためにも、マスターベーションに対する正しい知識とポジティブな視点を持ち、身体の成長とともに高まる性的欲求や興奮に気づき、欲求を自分でコントロールする術を身に付けておかねばなりません(p.82)。


続いて元AV女優の紅音さんの部分より。

AVはファンタジーであり、打ち合わせや段取りがあるつくられた世界であって、決して、普段の性生活に取り入れたり、自分のパートナーにしてよいことではありません(p.113)。


この本をつい読み進めてしまったのは、お堅いオトナの議論に逃げていないから。オナニー、AV、コンドームなど、ちょっとタブーで、顔を赤らめてしまうアレコレにもガンガン切り込んでいる。その上で、居場所、依存関係、デートDVといった事柄が語られている。

だからね、勉強になるの。アラサーのアタシも(笑)
TENGA CUPが「膣内射精障害」に苦しむ人に役に立つことが分かったり、
医学的な正しい射精のあり方(“射精道”というらしい)を見て胸をなでおろしたり、
性感染症の検査を一応受けに行こうかなあとおもむろに保健所を調べ始めたり。

誰も教えてくれない。周りの人と特に話もしない。
恋愛はどうやるのか。自分は相手を縛っているのか。今、依存関係なのか。
自分の性器はどんな機能なのか。正しい射精。ブラジャーの選び方。セックスのリスク。
誰かを愛するってどういうことか。


そんなの自然に覚えていくんだよ。


アナタ、今、そう思いましたね。
ぼくもそう思ってたし、実際そうだった。
射精の仕方は小学5年の時に友達から聞いた。コンドームの付け方や意味はネットで調べた。恋人に縛られていると感じたことがあったけど、自分でなんとかした。
別に保健の授業で教えてほしかったとは思わない。でもね、「コレ、軽く読んどけ」って今回の本みたいな「真面目なエロ本」をスッと渡してほしかったなあと思うわけ。だって、恋愛やセックスは(生涯貞操を守らない限り)いずれするわけだし、射精障害やデートDVだっていつ自分の身に降りかかるか分からないから。


青少年問題として抽象的に語ったり、
自然に覚えると放っておいたり、
青少年に悪影響だからと排除したり、
そういうのって大人が責任放棄して、思考停止して、逃げている気がするわけです。


ということで、今後も少しずつ恋愛とかセックスとかドロッドロの話とか、していこうと思います。アラサーだからね。

しょっぱなからとばしすぎて失礼しました。ではまた。


アラサーのアラサトです

どうも。アラサーのアラサトです。

気づけば、世に言う、アラサーですか。
はあ。
いやいやほんとにまったく。


人生たのしくなってきましたぜ!


ねえ。
ほんとに。こうなってくるとね。まああれですね。
どうしてこんなに。ねえ。


はい。
お分かりかもしれませんが、特に書くこともないのでこの辺で終わりますね。
いや一応ね、なんとなくブログのイメージはあるんですよ。
世界の政治とか、日本の社会問題とか、現代の恋愛とか、
斬ったり、斬りすぎたり、斬ったふりしたり、と思ったら本当に斬ってたり、
といった具合に、やっていこうと思っているわけです。

ゆとりとか、さとりとか、アラサーとか、社会&結婚不適合者とか、
いろいろ言われてまいりましたけどねえ、
意外とやるんだよってとこを見せてあげます。あげますとも。

まー詳しい話は、おいおいしていきますんで。

目指せ!月1更新!では!